男の人

アライグマ退治は専門の駆除業者に依頼|様々なトラブルを解決

脅威の生命力と繁殖力

女の人

日本国内には様々な害虫がいますが、その中でも最も知名度が高く嫌われている害虫としてゴキブリが挙げられます。ゴキブリは見た目や挙動が気持ち悪い上に、媒介する病原菌も多岐に渡ります。そして、レストランや食品工場など、食品関係の業種における現場で発生した際には経済的被害も発生させるのです。つまり、ゴキブリというのは不快害虫・衛生害虫・経済害虫の三つの分類全てに該当する恐ろしい害虫なのです。また、その脅威は生命力と繁殖力にもあります。ゴキブリは環境適応能力が高く、様々な耐性をすぐに身に付けるのです。近年で言うと、殺虫剤に対する耐性を持った個体が多く現れるようになりました。繁殖力に関しても、1回の産卵15匹から40匹の幼虫の入った卵を産み落とします。その産卵を120日間で5回行うと言われており、1匹当たり最大200匹は幼虫を生む計算になるでしょう。
ゴキブリを室内で発見した際には、早い段階でゴキブリ駆除を行なう必要があります。繁殖された際には、個人の力では対処しきれない数になってしまうのです。既に繁殖されてしまった場合、ゴキブリ駆除業者に依頼することで巣ごと根絶してもらうことができます。また、ゴキブリ駆除業者の使用する薬剤というのは業者専用の強力な薬剤となっており、長期間効果が持続するのです。また、薬剤を室内に撒いてほしくないという人もいるでしょう。そういった場合には、設置型の罠による捕獲や毒餌による駆除が行われます。薬剤に比べ即効性に掛けますが、確実なゴキブリ駆除が可能です。